スマホで簡単!
    少額投資のススメ

サイトマップ

仮想通貨を買ったり売ったりするのに便利な“推し”の取引所!
大手なので安心です。

ワンタップバイで買える銘柄紹介

ワンタップバイで買える株は、日本の企業30銘柄アメリカの企業30銘柄計60銘柄です。この世に数えきれないほどある株の中で「たったそれだけ?」と思うかもしれませんが、どれもこれも超有名企業なんです。なのでどの企業の株主になろうか考えるだけでもワクワクしてくると思いますよ。

初心者は「ドル」より「円」で表示される日本株のほうが分かりやすいのでオススメです。さっそく日本の企業から一部を紹介していきます。

セブンイレブンを運営する  セブン&アイホールディングス

衣類用洗剤などでシェア1位の  花王

いつも食べてるお菓子  明治ホールディングス

いつも飲んでるビール  キリンホールディングス

信頼の化粧品  資生堂

家電やAV機器の  パナソニック  ソニー

みんな大好き東京ディズニーランドを運営する  オリエンタルランド

もはやナシでは暮らせない  ヤフー  楽天

マリオでおなじみ  任天堂

世界にユニクロを展開する  ファーストリテイリング

世界に誇る日本の自動車メーカー  トヨタ自動車  日産自動車  本田技研工業

いつもお世話になっている企業さんばかりです。日本の企業は期待だけでなくつい応援したくなるんですよね。
続いてはアメリカの企業を一部ですが紹介します。

iPhoneは日本のスマホの6割以上だとか  アップル

何でも届けてくれる  アマゾン・ドット・コム

コストコ中毒になっている人も多いらしい  シスコ・システムズ

真っ赤なイメージの企業と言えば  コカコーラ

ミッキーからアナまで  ウォルト・ディズニー

安くておいしいみんなの味方  マクドナルド

新作チェックは若者の常識!?  スターバックス

ネット社会を大きく変えた  ツイッター  フェイスブック

いつの時代も洒落てる  ナイキ  ギャップ

googleを運営している  アルファベット

どこでもクレジットカードが使える  ビザ

そもそもココがなければ始まらなかった  マイクロソフト

アメリカの企業は日本の企業と比べても規模が大きいですね。世界を変えた革新的な技術やサービスを提供しているところばかりです。

ワンタップバイの外国株と日本株の違いと言うと、まず外国株には株主優待はありません優待は日本の企業だけです。そのかわり、日本株は配当金が年2回なのに対して外国株は年4回もらえる企業が多いです。でも外国株を買う時は為替手数料がかかります。

こうしたちょっとした違いはありますが、まずは第一印象でピンときた企業や好きな企業に1000円から投資してみるのも楽しいんじゃないでしょうか。