スマホで簡単!
    少額投資のススメ

サイトマップ

仮想通貨を買ったり売ったりするのに便利な“推し”の取引所!
大手なので安心です。

捨てる前にフリマアプリで売ろう!

私たちは生活していくうえでいろんな商品を購入しますが、残念ながら買ったもの全てを完全に使い切れるわけではありません。気に入って購入したのになぜか数回しか使っていない物とか、思っていた感じと違っていてお蔵入りになった物とか、誰しも心当たりがあるのではないでしょうか。

そういった物を処分する方法としては、『捨てる』『譲る』『売る』の3つがあります。

『捨てる』のは簡単ですが、まだ使える物や綺麗な物を捨てるのはもったいない気がして躊躇してしまいます。『譲る』のは喜んでもらえますが、必ずしもその物を必要としている人が周りにいるとは限らないし、やはりもったいない感じがしてしまいます。
なので、一番理想的なのは『売る』方法です。売れば自分にもお金が入るし、確実にこれから誰かに使ってもらえるのでもったいない気持ちにはなりません

では、誰にどのようにして売れば最も効率がいいのでしょうか。リサイクルショップや中古品を買い取ってくれる業者などもありますが、最近主流なのはフリマアプリで売る方法です。
フリマアプリの最大のメリットは、自分で値段を付けることができる点でしょう。買う側ではなく売る側が値段を決めることで、納得して物を手放すことができます。

買う側としても、良い状態の物を安く手に入れることができるので、近年フリマアプリの人気はグングン上昇していてフリマアプリ戦国時代とも言われています。メルカリ、ラクマを始めとしたたくさんのアプリがありますが、ダウンロード数を合わせると国内だけでも6000万以上です。

フリマアプリで物を売る手順はとても簡単で、スマホのカメラで商品の写真を撮り、アプリ内のフォーマットに商品名や説明文や値段を書き込んでいくだけです。
それを見て購入を希望した人は購入ボタンを押し、代金をアプリ管理者に一旦支払います。売り手側には代金が支払われたことが伝えられ、商品の発送を促されます。商品が到着したことを確認できたら、アプリ管理者から手数料を引いた代金が売り手に支払われます。

このようにフリマアプリは売り手・買い手間のトラブルを防ぎ円滑に売買ができる仕組みになっています。
捨てるには惜しい物や、人からもらったけれど使わない物を売ったり、また欲しいものを安く買ったりすることができとても便利です。もう店では売っていない物が中古で手に入ったり、中には新品の物を店よりも安く買えたりします。商品数がかなり多いので近所のリサイクルショップを回るよりも掘り出し物に出会う確率も高いはずです。

フリマアプリを賢く使って毎日の生活をより豊かなものにしていきましょう。