スマホで簡単!
    少額投資のススメ

サイトマップ

仮想通貨を買ったり売ったりするのに便利な“推し”の取引所!
大手なので安心です。

フリマアプリで売れやすくするコツ

「どんなモノでも売れる」と言われているフリマアプリ。出品されている商品のなかには、『こんなもの買う人がいるの!?』と思わず疑ってしまうような物も見かけます。使用感たっぷりの使いかけの化粧品とか、ボロボロのバッグとか。

そういった、普通では買い手が付かないような物でも、フリマアプリでは価格を下げさえすればだいたいは売れます。でも、まだまだ綺麗な状態の物とか、大切にしてきた物などは安い価格で売りたくありませんよね。
ここでは、フリマアプリでできるだけ高値で商品が売れるコツを解説していきます。

フリマアプリで商品を売れやすくするコツは、何と言っても『綺麗な写真を撮る』ことです。買い手側は商品を直接見たり触ったりできないので、写真だけが唯一の、商品のビジュアルを知る要素になってきます。
同じ商品でも、暗い場所で全体像を撮った写真が1枚だけの場合と、明るく綺麗な場所でアングルを変えた写真が数枚添付されている場合とではユーザーが受け取るイメージは随分違います。

フリマアプリに出品する際は写真が複数枚添付できるようになっているので、できるだけ多くの写真を添付して商品の状態が詳しく分かるようにしましょう。商品にもよりますが、正面から見た写真と裏から見た写真の最低2枚は必要だと思います。これに加えて例えばバッグなら、ファスナー部分、持ち手部分、内部の様子やブランドロゴなど、買い手側がその商品のどんな部分を見たいか、知りたいかを考えて写真を撮る必要があります。

傷や汚れがあるならその部分の写真も添付しましょう。マイナスな部分もハッキリ見せることによって、「この出品者は信頼できそうだな」という安心感を与えることができます。

写真が撮れたら次は説明文です。ここでもできるだけ詳しく書いたほうが、買い手の購買意欲を刺激します。商品の状態、サイズ、傷の有無、購入時期、購入時の価格、出品するに至った経緯など、情報が多いほど買うための判断材料になります。

当たり前ですが、商品を少しでも良く見せようとして嘘や誇張した表現を書くのはやめましょう。例えそれで売れたとしても、取引成立後に購入者から低評価を付けられる可能性が高くなります。
評価は全てのユーザーが見ることができるので、低評価の多い出品者は信用してもらえず、次回の売買に響きます。

フリマアプリでできるだけ高値で商品を売りたいなら価格設定にも工夫が必要です。
高く設定しすぎても売れないだけなので、まずは相場をチェックしましょう。アプリ内で検索して、同じ商品や似たような商品がどのくらいの価格で販売されているかを調べます。その上で、自分が出品する商品の状態や需要などを足し引きして価格を決めるといいでしょう。

買い手側から値下げ交渉をされることも考えられるので、その場合はどのように対応するかも決めておいた方がいいです。当然ながら、柔軟に対応してくれる出品者のほうが高評価を付けられやすいですが、必ずしも値下げ交渉に応じる必要はありません。交渉を避けるために最初から“値下げ交渉不可”などと書いている出品者もいますが、あまり印象が良い物ではないと思います。

最後に、価格を決める際は必ず『送料込』にしましょう。商品代金と送料が別だと、買い手側はその商品を手に入れるために結局いくら必要なのかが把握しにくいためなかなか購入を決意できません。
なので出品する際には、売れた場合の配送方法まで考える必要があります。できるだけ安く配送できる方法を予め調べて、配送料を含めた商品価格にするようにしましょう。